ブラックリストとは??信用情報機関一覧も掲載!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 債務整理の手続きや、借金(ローン・クレジットカード)の支払いの遅滞があったりした場合には、
 ”ブラックリストに載る” と言われますが、ブラックリストとは一体どのようなものでしょうか?

 

 

 一般的にブラックリストと呼ばれるものは、「信用情報機関に、事故情報が記載される」 ことで、
 この、”信用情報機関” というのは、各金融機関が独自に作成しているようなものでなく、
 国が指定している、個人信用情報機関によって、個人の信用情報が管理されています。

 

 

 信用情報機関の事故情報に掲載されると、クレジットカードの作成やキャッシングの申し込み、
 住宅ローンの申し込みでの審査が通りにくいと言われています。(実際、通りませんね...)

 

 

 

 ・日本信用情報機構(JICC)
 ・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
 ・CIC

 

 

 

 現在、国に指定されている信用情報機関は、上記3つとなっており、
 それぞの詳細(ブラック解消期間等も)は、

 

 

こちらのページでご紹介していますので、
 よろしければ、ご確認ください。

 

 

 続いて、どういった場合に、信用情報機関に事故情報が掲載されるのでしょうか?
 (いわゆる、”ブラックリストに載る” 場合のことですね!)

 

 

 

 

ブラックリストに掲載される場合!

 

 

 ブラックリストと言えば、かなり悪いことをした際にしか掲載されないような感じもありますが、
 クレジットカードやスマホの月割り、奨学金などの返済の遅滞も、掲載事由になります。

 

 

 ただし、返済の遅滞があれば、すぐに掲載されるわけではなく、
 2〜3か月以上の遅滞があれば掲載されると言われています。

 

 

 では、具体的にどういった場合に掲載されるか、みていきましょう。

 

 

 

 ・延滞
 ・代位弁済
 ・債務整理(自己破産等)
 ・強制解約

 

 

 

 大きく分けますと、上記の4つとなります。

 

 

 

 

 延滞
 先程から出てきている、クレジットカード代金の支払いやローンの返済のの遅延のことです。
 ブラックリスト掲載の理由で最も多いのが、この、延滞です。

 

 

 代位弁済
 クレジットカードの契約やスマホの分割払いなどは、一般的に保証人を付けませんが、
 住宅ローンなどの場合には、保証人(保証会社)を付けて、契約を結びます。

 

 あなたではなく、保証人(保証会社)が返済(代位弁済)した場合に、掲載されます。

 

 

 債務整理
 自己破産や個人再生、任意整理といった債務整理の手続きを行えば、掲載されます。
 ただし、債務整理の中でも、借金完済後に行った、過払い金請求に関しては掲載されません。

 

 

 強制解約
 クレジットカードやキャッシングなどの契約が強制的に解約された場合に、掲載されます。
 記載内容は、”契約内容に関する情報・延滞・債務整理を行った事実” などとなっています。

 

 

 

 

 

 次のページでは、ブラックリストは解消される? について、みていきましょう。
 (この他、各信用情報機関の情報や、ブラックリストに掲載されているかの確認方法など)

 

 

 

 

債務整理費用シュミレーター!





   近日中に掲載いたします!