債務整理のデメリットは?

 

 

 

債務整理の種類と

メリットデメリット

任意整理 個人再生 自己破産 過払い金請求
財産を手放す ×
裁判所へ申請 不要 必要 必要
資格制限の仕事 可能 可能 不可 可能
破産者名簿 不掲載 不掲載 掲載 掲載
官報 不掲載 掲載 掲載 不掲載
債権者の同意 必要 必要

 

 

 

 

 債務整理のデメリットとして、最も気になるのが、”ブラックリストに載る” ということですが、
 残念ながら、債務整理を行った場合には、”ブックリストに掲載” されてしまいます。
 (実際には、ブラックリストというものはなく、「信用情報機関に事故情報が載る」 ことをいいます)

 

 

 債務整理の種類によって、それぞれの異なるデメリットとしましては、

 

 

 

 ・借金をゼロにできる
 ・財産を手放さなければならない
 ・裁判所への申請が必要
 ・資格制限のある職業に就けない(警備員等)
 ・官報に名前が載る
 ・債権者の同意が要る

 

 

 

 などが、挙げられますが、ネット上では間違った情報が流れているもので...

 

 

 

 ・家族を失う
 ・住民票や戸籍謄本に記載される
 ・会社をクビにになる

 

 

 

 これらは、ただのデマや誇大表現であります。

 

 

 債務整理をしたからといって、解雇できるなんてことは決してありませんし、
 住民票や戸籍謄本に記載されるなんてこともありません。

 

 

 ご家族に関しても、連帯保証人になっている場合には、問題はありますが、
 保証人となっていない場合には、手続き上は何の問題ありません。

 

 

 

 

過払い請求とブラックリスト!

 

 

 

 

 

 

 

 

 ”過払い請求” に関しましては、当ページで触れている3つとは、少し種類の異なる債務整理ですので、
 ここで、「過払い請求とブラックリスト」 の関係について、軽くみていきましょう。

 

 

 まず、「債務整理を行えば、ブラックリストに載る」 といった前提は同じです。

 

 

 この、”ブラックリストに載る” というのは、”金融事故” があったということ、つまり、
 ”借金の返済が滞った” ということですので、「借金を完済してから、過払い請求を行う」 場合は、
 払い過ぎた利息の返還請求をするだけですので、ブラックリストには載りません。

 

 

 ということで...

 

 

 あと数か月で借金が完済される立場の方は、”借金完済後” まで、過払い請求をお待ちください。

 

 

 

 

 

 

 無料相談シミュレーターが、あなたに最適な債務整理の方法や、全国の相談所や法律事務所を探します!

 

 

 

 

 

なぜ、借金完済前に過払い請求をすると、ブラックリストに載るのか?

 

「払い過ぎた利息の返還請求をすれば、借金はチャラになるので、支払いは滞らない!」
こう思われるのが普通ですが、過払い請求をした時点で、”借金の返済がストップした” とみなされます。

 

少し納得はいきませんが、法律とは納得いかないことが多いですので、我慢するしかありません...
(おかしいな解釈であることは間違いないので、今後、判例が変更されることを期待しましょう!)

 

 

債務整理費用シュミレーター!





   近日中に掲載いたします!